【経験談】妊娠何か月までなら着物OK?妊娠中の結婚式は?

妊娠生活
スポンサーリンク

妊娠中、できるだけお腹に負担をかけたくないけど、様々なシチュエーションに対応しなければならない時がありますよね。

服装に関する悩みは、出産するまで付いて回りそう…ということで、今回は妊娠中の着物に関するお話です。妊娠何ヵ月くらいなら着物を着られるのだろう?お腹を締め付けて平気かな?と心配なことも多いと思います。

私は妊娠7ヵ月初めの頃に色打掛を着て、ウェディングフォトを撮りました。自らの反省も踏まえて、妊娠中の和装についてお話したいと思います。

妊娠中に着物を着ても大丈夫?

結論から申し上げると、体調が良好で、お医者さんに止められていない限り、妊娠中に着物を着ても大丈夫です。

昔の人は普段着として着物を着用していましたし、帯の締め具合は調整できます。

ただ、人によって窮屈に感じる度合いが違うので、着付ける時にしっかり調整をしましょう。着付けてもらう場合、不安なことがあれば着付け師さんにしっかりと伝えましょう。

妊娠初期~中期までの体調の良い日がベター

妊娠初期はお腹のふくらみも目立たないので、普段のように着物を着こなすことができます。しかし、つわりなど体調が不安定な時期でもあるので、体調を十分考慮して着物を着るか決めましょう

また、妊娠後期はかなりお腹が出てきます。慣れない着物や足袋、草履で歩くのも一苦労…

バランスを崩したり、つまづいて転倒してしまっては危険です。後期に着物を着なければならない時は、十分に気を付けましょう。

妊娠7か月、色打掛でのロケーション撮影はきつかった…

ここからは、私の経験談です。

コロナ禍で結婚式を執り行う予定はなく、出産前に2人の記念を残しておきたかったことや、両親に花嫁姿を見せてあげたかったこともあり、ウェディングフォトを撮ることにしました。

和装でロケーション撮影を選んでいたのですが、コロナ禍で施設が臨時休業になってしまったり、夫の仕事の都合がつかなかったり、希望日に予約が取れなかったり…

様々なことが重なり、妊娠7ヵ月の初期まで撮影日が延びてしまいました。更に、真夏ではないにしても30度近く気温の上がる日に撮影をしました。

まず着付けについては、色打掛を着付けていただいた際に、帯の締め付け具合はかなり細かく調整してくださいました。プロなので、これまでに妊婦さんを着付けた経験がある方達でした。

全て身支度が整った後、車で撮影ポイントまで移動します。とある思い入れのある場所で撮影したのですが、撮影の移動中、以下の点がきつかったです。

  • 歩きづらいので足元に十分注意しなければならないこと
  • 天候が暑いこと
  • 妊娠中で汗をかきやすい・息切れしやすいこと。
  • 帯を通常より緩めにしているため、歩き回ると着崩れしてしまうこと

妊娠中の和装は、想像以上に疲れる

妊娠中は只でさえ疲れやすくなっているのに、重い打掛を着て歩き回れば、キツイのは当たり前ですよね。7ヵ月初期でしたが、こんなに疲れるものなのか…と思い知りました。

撮影終了まで、終始夫に手を取ってもらって行動していました。

普段慣れない草履で歩いて転んでしまっては大変なので、撮影スポットに着くまではスニーカーで移動し、足元の見えないショットはスニーカーのまま撮影しました。

コンシェルジュの方とカメラマンさんが気遣ってくださり、本当にありがたかったです。

大変ではあったけど、無事撮影を終えることができ、素敵な写真も記念に残せたので良かったです。

色打掛を着ている時間は2時間程度でしたが、私にとってはギリギリのラインだったかもしれません。

結婚式だった場合は、室内で空調も効いているし、座っている時間が長ければ大丈夫かな?という感覚。いずれにせよ、「慎重に判断」ということになると思います。

万全な準備で、素敵な着物のきこなしを楽しんで♪

体調や安全面をしっかりと考慮して危険を回避すれば、妊娠中も着物を楽しむことができます。

さらに、終始介添えしてくれる人がいると安心です。

しっかりと計画を立て、万全な準備の上、着物のきこなしを楽しんでくださいね♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました