【コロナ禍出産レポ③】陣痛中の便意は赤ちゃんが出たがっている証拠!?いきみ逃しは、本当に辛かった!

出産の記録
スポンサーリンク

出産レポ③です。

前回の出産レポ②はこちらです。↓

さて、陣痛促進剤を使用し、11時過ぎに始まった陣痛。

順調にどんどん痛みが増し、夕方になりました。

ひたすら足踏みをして痛みを乗り越えるのですが、もうすぐに次の痛みが来てしまい、休めなくなってしまいました…

今思えばもうすぐってことなはずなのに、先が見えなくて絶望していました。

便意はいきみたい感覚!?陣痛中、トイレに行きたくなった!

ちょっと汚い話ですみません。苦手な方はスルーでお願いします!

多くの経産婦さんから、赤ちゃんが降りてきた時に、便意に似た感覚がしたと聞きました。

私もそうなるのかな?と軽く考えてきたのですが…

私の場合は、本当の便意でした。

これは自信もって「いきみではない」と言える感じでしたが、助産師さんは信じてくれず…

半ば駄々をこねてトイレに行かせてもらいました。

トイレのドアの前で、「絶対にいきんじゃだめだからね!!」と言われてしまいました。笑

トイレの前に来て陣痛、痛みが引いた瞬間にサッと入って用を済ませます。本当に辛かった…

再度トイレに行きたくなった!

行って帰ってきて、再度トイレに行きたくなりました。苦笑

助産師さんは、今度こそいきみたいのでは?と思ったそうで、子宮口がどのくらい開いたか確認することになりました。

内診のためにあおむけになろうとすると、ドゥンッと知らない感覚がやってきました。

ドゥンってくるたびに、フンっていきみたくなります。

助産師さんがとっさに会陰をグーで押し上げてくれ、なんとか我慢。

本当に辛かったのですが、苦しい中で「これがいきみたい感覚か…」と思ったことを覚えています。

子宮口9cmで分娩室へ移動

子宮口を確認すると、既に9cmまで開いていました。

予想より早くお産が進んでいるので、動けなくなってしまう前に分娩室に移動することになりました。

トイレに立ったら、そのまま分娩室に移動。

移動も本当に一苦労でした。

分娩台を見たら、「早く産みたい!最短で!」と思った。

陣痛の間隔が1分を切っており、いきみ逃しをするのが本当に辛かったです。

痛いし、いきみを我慢できなくてちょっといきんじゃうし、気持ち悪くなって分娩台でも吐いていました。

いきむときに掴むレバーをとっさに掴んだら、

いきむときに掴むレバーをとっさに掴んだら、「まだだめ!」と怒られたな~

子宮口全開、完全破水!なのに先生がいない!?

私は、出産日前日に破水で入院していたのですが、どうやら高位破水といって、どこか一部分だけ小さく破水していたみたいです。

いきみたいのを我慢した瞬間に、バシャーっと温かい水が出たのがわかりました。

子宮口全開となれば、いきんでよいと、事前に勉強していました。

なので、「やっといきめる!!」という気持ちだったのですが、まさかの先生がいない!

赤ちゃんを取り上げる先生がいないので、中々いきませてもらえず、本当に苦しかったです。

陣痛の波がくる度に助産師さんがグーで会陰を押し上げてくれるので、頼もしくて有難かったです。

というか…

先生はいずこ!?

わたしのお産はどうなる!?

出産レポ④に続きます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました