【長崎】四季折々、圧巻の花畑が楽しめる「しまばら火張山花公園」

長崎ぶらり
スポンサーリンク

秋の代表的なお花「コスモス」。今の時期、日本各地で咲き乱れている光景をインスタグラムやFacebookなどのSNSでよく目にします。

今回は、長崎県島原市のコスモス畑「しまばら火張山花公園」で、秋のお花見をしてきました。

私が訪問した日(2021/10/27)は、満開のピークギリギリだったので、少しずつ枯れてきてしまっているかもしれませんが、一面のコスモス畑は圧巻でした!その様子をご紹介します。

秋のコスモスのシーズンを逃してしまっても、「しまばら火張山花公園」では、春には桜や菜の花、ポピー、夏にはひまわりも楽しめますよ♪これから行きたいと考えている方は、来シーズンの参考にしてみてくださいね!

しまばら火張山花公園

「しまばら火張山花公園」は、平成2年に雲仙普賢岳が噴火し被災した際に、市民の命や財産を守るために指定された砂防指定地で、平成24年にその土地を活用して花公園とし、今では島原の観光スポットとして親しまれています。

アクセス

島原鉄道・島原駅から車で約3.5km、8分程でアクセスできます。

住所:長崎県島原市上折橋町1465-2

広々とした駐車場がありますが、休日はかなり混雑の予感…一応早い時間に訪れることをおすすめします。

入場料

大人1人 300円(※高校生以下は無料)

駐車場からコスモス畑のほうに行く途中に小屋が建っており、その窓口でお金を払います。恐らく現金のみの取り扱いなので、小銭を持っていきましょう。

ピンク色に染まった、圧巻のコスモス畑

まず、駐車場についた時点で、遠くに見えるピンク色の一帯に驚きます!

しかし、コスモス畑の中に入るとまた感動が違いますね。どこからカメラを構えても、フォトジェニックな写真が撮れちゃいそう…

コスモス畑の中ほどには、少しですがテーブルとベンチが設置されており、お弁当を食べている方もいました。お花見ランチにも良い季節です!

濃いピンク、薄いピンク、白…とっても綺麗で終始うっとり。

※所々、花を食べる何かの幼虫が結構いたので、苦手な方は近づきすぎ要注意!

雄大な「平成新山」とコスモスのコントラスト

平成2年の雲仙普賢岳の噴火によりできた「平成新山」。立ち入ることのできない地ですが、雄大な姿を魅せてくれます。

どうやら、午前中に訪れたほうが、山側が逆光にならないようです!

夏から秋の終わりまで、広大なひまわり畑も!

コスモス畑のお隣には、ひまわり畑もありました!こちらは知らなかったのでびっくり。

訪れたのが10月下旬だったので、ほとんどの花が下を向いてしまっていました。残念でしたが、所々に元気に咲いている株もあり、なんだかフレッシュな黄色に元気をもらいました。

もう少し早いタイミングで訪れていたら、こちらも圧巻の景色だったことでしょう!

ということで、「しまばら火張山花公園」は、夏もおすすめのスポットです!

おまけ:長崎県内のコスモス畑と言えば、こちらもどうぞ

昨年訪れた「白木峰高原」もコスモス畑で有名です。春には菜の花畑に変わります。併せてご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました