【コロナ禍出産レポ②】陣痛中は立っていると楽?辛い陣痛は、3つの姿勢で乗り越えた!

出産の記録
スポンサーリンク

出産レポ①の続きです。

前回の記事はこちら↓↓

11:00 促進剤点滴開始から1時間で陣痛が始まった。

午前10時に点滴を開始し、なんとなく生理痛のような痛みを感じ始め、1時間後くらいには10分間隔で痛みを感じ始めました。

痛みはあるものの、我慢できるレベルで、ベッドで寛いでスマートフォンを触ったり、テレビを見たり、爆睡したりして寛ぐ余裕がありました。

助産師さんに、「痛みに強いんだね」と言われ、陣痛を完全に舐めてしまいました。この後で、この時の自分のぽんこつさを思い知ります。笑

あと、陣痛促進剤が効きやすい方だと言われました。

12:00 ランチはしっかり完食

入院した時に、1週間の食事メニュー表があり、実はこの日のバターチキンカレーを楽しみにしていました。

ご飯がとっても美味しいと評判の産院だったので、ワクワク。

10分間隔の陣痛はあったけど、しっかりと完食する元気がまだありました。

陣クス!?インドカレーで陣痛促進!?

妊婦さんの中で、「陣クス(ジンクス)」というものがいくつかあります。

陣痛を起こすおまじないのようなもので、焼肉を食べる、オロナミンCを飲むなど、色々な説があります。

その中に、どうやらインドカレーも入っているようで、私は偶然か否か、カレー完食後に陣痛がどんどん進んでゆきました。

スパイスが効いたのかな~?身体が温まったからかな~?などと、助産師さんと談笑していましたが、おやつの時間の15時頃にはもう水分以外を口にできない状態になっていました。

陣痛に耐えながら、「午前中に、私は陣痛に強いかも!?なんて思ってた自分バカ!!」って、頭の片隅で思いました。

この姿勢で陣痛に耐えた!!立ってるほうが楽だった!!

陣痛の痛みを緩和させる姿勢は、人によって様々。

私は主に「産院にある陣痛に耐えるためのゆらゆら揺れる椅子」、「立って足踏みするor歩く」、「四つん這いで無になる」の3つの姿勢で、陣痛に耐えました。

妊婦さんの中では、YouTubeの「はんなりママさん」がおすすめする陣痛を緩和するポーズが有名ですよね。まだ知らない方は検索してみてください。出産前に知っておくと、心強いと思います。

私は、割とどんどんお産が進んでいく方だったみたいで、「陣痛中に立っている姿勢が、赤ちゃんが降りてきやすかったのかな?」と、助産師さんが話してくれました。

5分間隔くらいはまだ頑張れました。

1分間隔は、もう心が折れそうでした。いつまで続くのー--?って。

陣痛中に、痛くない姿勢をどんどん試す!

実は、陣痛が来るたびに色んなポーズを試して、より痛みを感じにくい姿勢を探していました。

床に這いつくばった時間帯もあります。笑

さすがに、部屋に入ってきた助産師さんにびっくりされてしまいましたが、弾力のあるベッドより、固い床の方が集中できる気がしたのです。

人生最大の痛みとも言われる出産の痛み。

恥は捨てて、(というか、痛すぎてどうでもよくなる)自分が一番楽になれる姿勢で挑みましょう。

では、次回の記事に続きます。いよいよ分娩室に移動します!

次回:出産レポ③はこちら↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました