やらなきゃ損…?返礼品がもらえてお得な「ふるさと納税」の基本

ぽんこつ主婦日記
スポンサーリンク

ふるさと納税の知名度は年々高まり、毎年寄付金額は増加傾向にあります。

今や「やっていない人の方が少ないのでは?」というくらいお得な国の制度ですが、私の姉に話したところ、なんとまだやったことがないと言うので、「やらなきゃ損だよ!」と、ふるさと納税の仕組みについて話しました。

まだまだ、「気になるけどやったことがない」という方が多いようです。

今回は、ふるさと納税の仕組みと、我が家が納税していただいた返礼品をご紹介します。

ふるさと納税ってなに?

「ふるさと納税」とは、自分の故郷(ふるさと)や、応援したいと思う自治体(在住地域含む)へ納税(寄付)をすることで、地域を応援できる制度です。

日本の多くの人が、進学や就職などを機に、生まれ育ったふるさと(地方)から、都会へ移り住んで生活をしています。

その結果、都会への人口流出が止まらないふるさと(地方)は、税収も減り続けるばかり。

そんな地方を応援するためにできた制度が「ふるさと納税」です。

ふるさと納税って何がお得なの?節税にならないの?

ふるさと納税は、地方を応援して、お礼の品として地域の名産品を受け取ることができ、翌年税控除(還付)が受けられるという制度です。

ただし、税金の控除・還付については、1年間の合計寄付額から、手続き等にかかる2,000円を引いた額について適用されます。

勘違いしやすい点は、「節税対策」にはならないということです。

10,000円の寄付をした場合は、10,000円から2,000円が引かれ、8,000円分について翌年の税金の控除(還付)を受けることができます。

※控除される上限額は、ご自身の収入や家族構成によっても異なります。

返礼品をもらえるから、お得なんです!

「ふるさと納税」の制度、節税対策にはならないということを説明しましたが、では、どんな点がお得なのかをご紹介します。

返礼品をもらえるから、お得なんです!

「ふるさと納税」の魅力と言えば、「返礼品」です。

「ふるさと納税」をすると、お肉や魚、農作物、加工品などの食べ物から、旅行券や宿泊券、レジャー施設の招待券など、地域の魅力をたっぷり楽しめる「返礼品」をいただくことができます。

自治体は、寄付金額に対し、3割を上限とした値段の返礼品を設定することができます。

例えば、10,000円のコースに対しては、約3,000円分の名産品が返礼品として設定されています。

よって、寄付者は、10,000円を寄付し、手続き料などに2,000円引かれ、8,000円について税金の控除(還付)を受けることができます。

これだけだと、2,000円損していることになりますが、そこで3,000円相当の返礼品を受け取ると、1,000円分得していることになります。

多くの自治体では、寄付件数を増やしたいため、寄付者にとってより魅力的な返礼品を設定したいとこと。できるだけ上限ギリギリの値段の品物を返礼品を出品していることが多いです。

また、自治体や事業者によっては、ふるさと納税専用のお得なセットを出品している場合もあります。

ポータルサイトによっては、普段のお買い物に使えるポイントがつく!

ふるさと納税は、自治体に直接納付することもできますが、ポータルサイトを使うのが1番便利でわかりやすいと思います。

それだけでなく、ポータルサイトによっては、普段のお買い物などで使えるポイントが還元されることもあります。

我が家では、「楽天ふるさと納税」と「ふるさとチョイス」を利用したことがあります。

楽天ふるさと納税は、最大30%ものポイントが還元されることがあり、特にお得です。

ふるさとチョイスは、ふるさと納税を扱う歴史が一番長く、地域活性に繋がるようにPRしているところと、災害支援金の立ち上げに積極的なところが好印象だからです。

ふるさと納税の素敵なところ

日本各地の名産品を楽しめる、知ることができる

ふるさと納税は、納税をした自治体から、寄付の「お礼の品」として地域の名産品を受け取ることができます。

日本各地の名産品を楽しむことができるのも、「ふるさと納税」の魅力、メリットの一つです。

※災害支援金など「お礼の品」が設定されていない寄付や、自分が住民票を置いている自治体に寄付した場合は、お礼の品を受け取ることはできませんのでご注意ください。

寄付金の使い道を自分で決められる

応援したい自治体に、自分の寄付金をどんな分野で使って欲しいか、指定することができます。

使い道は「自治体にお任せ」という選択肢もありますが、ぜひ、こだわりを持って地方を応援してほしいところです。

行政の政策に対して、「そんなところに税金を使うなら…」って思ったこと、ありませんか?

自治体の総税収からすると、自分が納めた税金は少額なものになってしまうかもしれませんが、ぜひ有意義に使ってもらいましょう!

地方の産業、事業を応援できる

ふるさと納税の返礼品を出品している事業者さんは、その地域の産業や経済を支えている人たち。

自治体に寄付が入れば、返礼品を用意する数も増え、結果地域の事業者さんを支援することにも繋がります。

「応援したい産業がある自治体を選ぶ」という選択方法も素敵ですね!

私が納税したことのある自治体と返礼品

私は、思い入れのある自治体や、災害などの被害に遭ってしまった自治体に寄付すると決めています。

現在は専業主婦なので収入がなく、ふるさと納税ができないので、夫の納税分を私が仕切っています。

福岡県福岡市

2022年に納税しました。

福岡市に納税した理由は、九州が大好きで、福岡が大好きだからです。

友人も沢山住んでいて、実際にお世話になった思い入れがある自治体なので選びました。

選んだ返礼品は、博多名物「水炊き」と「もつ鍋」のセット

食レポは追記します。



千葉県富津市

2021年に納税しました。

こちらも人口減少が進んでいる地域です。

2019年に大規模な台風被害があり、2021年には断水などで困っていた地域なので、少しでも足しになれば…と思い選びました。

鋸山(のこぎり山)という小さな山に遊びに行ったことがあり、とても素敵な場所です。

選んだ返礼品は、「のこぎり山バウム」

鋸山をイメージしてつくられたバウムクーヘン。

とてもおいしかった思い出があるので、選びました。


佐賀県武雄市

ふるさと納税は、自然災害を受けた自治体に「災害支援寄付金」を納税することもできます。

2021年8月の豪雨により被害を受けた佐賀県武雄市に寄付しました。

ふるさとチョイス災害支援寄付金HP https://www.furusato-tax.jp/saigai/

ふるさと納税は何円まで納税できる?

自分が何円まで納税できるかシミュレーションする場合は、こちらが使えます↓

ふるさと納税ポータルサイト「ふるさとチョイス」HP https://www.furusato-tax.jp/about/simulation

お得だからこそ、想いをしっかりと持ちたい!

ふるさと納税は、自分にあまり損のない制度です。

だからこそ、せめてもの思いで、返礼品に飛びつくのではなく、支援したいという想いを大切にしたいと思っています。

でもやっぱり、お得でうれしい返礼品を選びたくなっちゃいますよね…

ぽんこつ主婦の悲しい性です。haha

コメント

タイトルとURLをコピーしました