保育園に入れない?自分らしく働かせてください。

転妻のお仕事探し
スポンサーリンク

現在保育園探し、いわゆる「保活」の全盛期ですよね。

でも、私の住む街では、現時点でも待機児童が沢山。

9月時点で1歳児で空きのある保育園はほぼなく、0歳児でも数十人待ちの保育園が沢山。

いつになったら、希望する人がみんな保育園に入れる時代が来るのでしょうか。

気になる国の動きを見てみると…

岸田総理が少子化問題の対策として、出産一時金の増額を表明しました。

確かに出産一時金が増額されるのは助かると思います。

実際に私も、出産費用は一時金の42万円では足りず、約20万円が持ち出しとなりました。

しかし、出産一時金の増額が「少子化対策としての政策」だとすると、安易すぎやしませんか?

出産時の助成金が増額されるからと言って、「じゃあ子どもを産もう」なんてならない人の方が多いですよね。

子育てに感じる不安は、ほとんど出産後のことですよね。どうやって子どもを育ててゆくか。

保育園、幼稚園、小中学校、高校、大学…

子育てや教育にかかるお金の問題が大きいと思います。

助成するとすれば、出産一時金よりは、出産後に支給が始まる子ども手当。

そして、保育園の待機児童問題だと思います。

新聞で、待機児童問題が改善されたといった印象の記事が載っていたけれど、私が住む地域での今月の保育園受け入れ状況では、空きがある保育園はありませんでした。さらには、10人、20人待ちの保育園が沢山…

現在無職で専業主婦をやっている私は、きっとポイントでは共働きの世帯に敵いそうにありません。

働きたいのに働けない…

お金が必要なのに働けない…

日本人の平均収入は下がってゆくばかり。

そんな状況なのに、子どもを産もうって前向きに思える方、どのくらいいるのかな。

国の政策は、どうやって決まってゆくのだろう?

現場の声、行政職員は聞こえているはずだけど、国会議員や官僚には伝わらないのかな。

一時的な助成金は問題の根本的な解決にならないことの方が大きい。

自分らしく生きるためにも、好きに働かせてくれ~

子どもを預かってくれ~!!

・・・と思うばかりです。

今年度は夫の転勤の行方もまだハッキリわからず、来年4月入園は諦める方向になりそうです。

10月締切って、厳しい。

保育園申請制度のほとんどが、我が家の実情には合わないみたいで、絶望しております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました