【LGBT】10月11日は、国際カミングアウトデー

自分らしさ研究所

みなさんは、「国際カミングアウトデー」をご存知ですか?

LGBTなどの性的指向や性自認をカミングアウトした方を祝福する日で、10月11日に定められています。

カミングアウトデーって何するの?

自分の性的指向や性自認をカミングアウトした人々を祝福する記念日で、国や地域によってはパレードやイベントが開催され、年々盛り上がりを見せています。

一方で、これらのイベントは、人々の性的マイノリティへの理解の促進や認識の向上も目的とされています。

カミングアウトデーの歴史

カミングアウトデーは、1988年にアメリカの心理学者によって制定されました。

なぜ「10月11日」なのかというと、1987年10月11日にワシントンD.C.で「ゲイ・レズビアンのワシントンマーチ」が開催されたことに由来しています。

この日をきっかけに、多くのLGBT活動団体や支援団体が生まれました。とても大きな意味のある日なのです。

カミングアウトの重要性

カミングアウトの重要性は、人によって異なります。カミングアウトすることが全て正しいわけではありません。

人によっては、カミングアウトすることは「大きな勇気」がいるものなのです。

しかし、カミングアウトすることによって、時には、自分のアイデンティティを定義し、自分自身をより深く理解できるようになるキッカケになることもあるとされています。

家族や友人、信頼できる人にカミングアウトできたことで、スッキリした、自分を認めてもらえた気がした、安心した等といった声もあります。

カミングアウトとアウティングの違い

「カミングアウト」は、「当事者自らが自分の性的指向や性自認について話すこと」を指します。

一方で「アウティング」は、他人が誰かの性的指向や性自認を暴露することです。

過去に、当事者以外の人が「本人が言いづらそうだったから、言ってあげた」という事例がありましたが、それも「アウティング」です。

自分は相手を思いやったつもりでも、相手を深く傷つけてしまうことがあります。本人の意に反しないことは、絶対にしてはいけません。

カミングアウトしてくれた人がいたら

もし、身近な人がLGBT当事者であることをカミングアウトしてくれたら、差別や批判的な言葉をかけることは勿論NGですが、同情や特別視する必要もありません。

ありのままに、「そうなんだね」と受けとめてください。

そして、その人がカミングアウトしてくれたことを、他人に話してはいけません。

誰もが、ありのままの自分で生きられる社会に…

「国際カミングアウトデー」が制定されてから、30年以上が経ちました。

その記念日は、少しずつ人々に認知され始めていますが、日本国内において知らない方はまだまだ多いことでしょう。それは、まだ人々の意識の中に「性的マイノリティ」への知識や理解が薄いということとも言えるでしょう。

10月11日のカミングアウトデーに、「自分も何か活動をしなくちゃいけない」というわけではありません。多くの人々が「正しく知る」ことが大切だと思っています。

「そういえば、10月11日はカミングアウトデーなんだって!」と身近な人と話題にするだけでもOK。より多くの人が、知識の1つとして認識していかれれば、良いですね。

一人ひとり個性や考え方が違うように、「性のあり方」も人の数だけあります。「みんな違って当たり前だよね」と思える時代の訪れを願いながら、今回は「国際カミングアウトデー」について綴ってみました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました