【Lancers】クラウドソーシングって稼げるの?

転妻の働き方改革

私がクラウドソーシングでお仕事をした経験をお話ししたいと思います。

私は、パートナーとの結婚を考え、仕事を辞めて引っ越しました。パートナーは、転勤族。この先もしばらくは数年ごとに引っ越しがあります。そうなると、やっぱり在宅で働けるといいなと思い、「クラウドソーシング」に挑戦してみました。

現時点で半年間、クラウドソーシングやっています。

まずは、有名どころ「Lancers(ランサーズ)」に登録

以前住んでいた地域の隣町で、主婦向けのクラウドソーシングを学ぶ講座がありました。私も興味はありましたが、当時公務員だったので副業は禁止。どんなものか知る程度で、そこで「ランサーズ」というサイトを知りました。

クラウドソーシングのサイトは色々あり、迷いました。「自治体がコラボ事業をしていたりするので、安心かな」という理由で、「ランサーズ」を選びました。身近にやっている人がいたというのも大きなポイントでした。

元事務職が受けられる仕事は、どんな仕事があるのか

パソコンとネット環境があれば、在宅でできる仕事が、沢山あります。コンサルやwebサイト制作、イラストやロゴ作成、ライティング、翻訳など、様々!

私は専門的な知識やスキルはありません。パソコンのスキルは、WordやExcel、Power pointを使える程度のレベルです。英語力もなく、コンサルなんてとんでもない!という感じで、消去法で私にできる仕事は、「タスク」と「ライティング」のみでした

「タスク」というのは、データ収集や入力で、一般的にはアンケートに答えたりする作業がほとんどです。とても簡単なので、単価は安いです。数問のアンケートに答えて、数円というレベル。チリも積もれば山となるで、気長にやっていける方には良いと思います。

「ライティング」は、様々な記事を執筆すること。こちらは、私が受けていた仕事は、一文字1円程度でした。マラソンや出身県の観光については、ある程度知識があるので、そういったテーマの仕事を探して、仕事を受けていました。

クラウドソーシングで、どのくらい稼げるの?

私は全くの素人なので、タスクとライティングの仕事を受けるだけでは、月に1万円いけばよいというレベルでした。

正直、今の私には、スーパーのレジ打ちなどをした方が、手っ取り早く稼げると思います。かなり頑張っていましたが、私のペースで仕事していると、時給に換算すると最低賃金の半分以下になってしまいます。

でも、何事も経験と考えてやっていたので、大変ですが苦痛ではありません。外で働くのは、新たな人間関係を作ったり、新たな仕事を覚えたり、それなりの気苦労があります。実は、私は前職で軽いパニック障害を起こしたことがあったので、新たな場に飛び込むことはかなり勇気がいること。そういったストレスやプレッシャーがない点は、とても良いと思っています。

プログラミングや、Webサイトの制作、イラストやロゴなどを作成する技術のある方は、もっと稼げると思います。それらのお仕事は単価が高いです。ライティングでも、ビジネスや技術系の専門的な記事は、単価が高いです。やはり、手に職があると良いですよね

少しでもいいから稼ぎたい!仕事終わりに副業したい!という人にはおススメ!

本業があって、+αでお小遣いを稼ぎたいという方にはおすすめです。また、今定職に就くことは難しいけど、少しでも稼ぎたいという方にも良いと思います。

納期などの仕事のスケジュールは、ある程度決められていますが、1日のうちにいつ作業をするかは、自分次第。空いている時間をやり繰りして、自分のペースで仕事ができるのは嬉しいポイントです。

今は、自分のスキルアップ優先で続けてみる

繰り返しになりますが、今の私の能力は、今は月1万円程度が限界。ちょこちょこパートで雇ってもらい、稼いでいるのが現状です。でも、文章を書くことは得意ではないけど好きなので、トレーニングだと思って続けてみようと思っています。

また、お仕事をいただくためのテクニックや、自分の成長を感じることがあったら、参考までにお知らせしたいと思います。私の浅い経験と、稚拙な文章ですが…在宅で少しでも稼ぎたいと思っている方、クラウドソーシングやってみようかと悩んでいる方に、少しでもお役に立てれば嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました